フォロー

住所

株式会社LX DESIGN 

〒102-0083
東京都千代田区麹町1丁目4−4 LIFULL HUB 2階

03-6774-1690

  • kananyan

“とやま未来会議イベントレポート”若者が37人集まって、地域をよくする熱い場にジョイン!

企画が始まったのが金谷とことちゃんとのゆるふわトーク、

ことちゃんが、議員さんの話をこの前聞いた、

実はすごい熱い想いを持ってチャレンジされていることを知ったと。

そういう機会が普段、ぜんぜんないよね、と。


なるほど、確かにそうだなあという話になりまして、

よし、こういう時は場づくり企画のプロフェッショナル、古木くんに相談だ!と、

その場で電話し、1時間後に理想経営のオフィスへ。



僕は古木くんとCOMSYOKU大坪くんがプロデュースする”ヒトの働くを知るナイト”という有名なイベントが好きだ。

いつか、ゲストで呼んでもらうのも夢だ(余談)

そんな古木くんにこの話をしたら、きっと前に進めてくれるに違いないと。


そんなこんなであっという間に3ヶ月が立ち、今日、この場を迎えた。

サヨさんはリアルタイムでグラファシしてるし、

古木くんは富大の授業やヒトハタの時と同様、完璧なファシリテーションをしている。

ことちゃんはもともと写真が上手だが、今日もパシパシ撮っている。

そんな中、金谷もリアルタイムで記事制作を頑張ってみようと思う。






まずは、古木くんからのグランドルールおよび、タイムテーブル紹介。


■グランドルール”今日のアイコトバ”

 ・熱くたってイイじゃない

 ・コメンテーターからの卒業

 ・チャレンジしよう!!


■タイムテーブル

18:00~18:20 オープニング

18:20~19:20 ゲストトーク

19:20~19:40 ギャラリートーク

19:40~20:00 質疑応答

20:00~20:10 休憩

20:10~21:30 OST

21:30~22:00 自由交流会


4時間に及ぶ、タイタニックよりも長い今日のイベントを、

熱く、かつ、快適に過ごせるようなヒントが満載であった。


続いて、参加者同士のチェックインに。

 ・名前

 ・今の気持ち

 ・日々の暮らし又は仕事の中で、困っていること、こうなったらいいなと思っていること


という項目が矢継ぎ早に言葉になって共有されていく。

参加者の皆様もとっても楽しそう。

徐々に緊張?の空気から、和気藹々とした場に変わっていく。

さすが、古木先生。


3つ目の問い、日々、気になっていることをみんなでシェア!

 ・政治について聞いたり話ししたりする機会が身近に持ててない(なるほど・・!)

 ・高岡の行政をなんとかしてほしい(笑)(瀬川さん・・・!?笑)

 ・富山県の若い人がもっと英語が話せるようになって欲しい(学校教育でも英語教育・インバウンド関連は盛り上げないといけないので、金谷も興味深い!)

などなど、みんなそれぞれの想いを場にまずは共有!



さて、ここでサヨさんのご紹介!

「今日1日の全員の共有メモリーを一旦、残します!一人一人の気になることや心に残ることは違うと思います、みんなの思考やコミュニケーションのきっかけになれば嬉しいです」

・・・・素敵!!


ここから、ゲストの皆様によるキートークに!

お一人目は平木柳太郎さん。

なんと、金谷の東京学芸大学の先輩(とは言え、この日が2度目まして。うっす!!)


そもそも僕が議員になったのは、もっとこんな風にしたらいいのにと、何度も行政に提案に行ったけど、"参考"にしてもらえるだけでなかなか動かなかった。

仲間内から一人出そう!という話になって、消去法で僕になりました(笑)


まず最初に富山県のために必要だと思ったことは、収入や人を確保すること。 D&Departmentの誘致や出版プロジェクトもその一つ。

環水公園も、スタバに行って喜んでいる場合じゃない。

もっと富山のお店や文化を地元を挙げて守らないと。。。!



続いて、大門良輔さん。

滑川で普段は活動されている。

個人的には高校の授業やアグリテックベンチャーのお仲間がいるくらいで、

あまり馴染みのない地域。

ハンモックカフェ?があるらしい。行ってみたい。


さて、本題。

人口減少をし続ける富山県内のほぼ全ての地域。

企業誘致に成功している兵庫、熊本、香川等の地域とそうでない地域の”差”は明らか。

世界で最も美しい湾クラブを中心に船での周遊ツアー企画(スキューバダイビングのメッカ!知らないこと多い(笑))、

ベトナムとのランタン祭りは人が来すぎて困るくらい、盛り上がっている。 地域の中に秘められた大きな可能性をみんなで盛り上げて開花させていこうよ!


アンカーは瀬川侑希さん。

金谷の高岡高校の先輩である。

・子育てしたくなる富山県

・富山県のブランド戦略

・持続可能な都市運営

の3つを中心にお取り組みをお話いただきました。

"自分は地元が嫌で離れたので、そういう風にならないような街にしたい。

これがある、が言えるような地域にしたい"というメッセージ。

今でこそ、東京でテクノロジーの勉強したほうがいいよと言っている金谷ですが、 実は都会に行きたくて行ったわけではなくてですね、

受験の波の中で流れ着いたというか(笑)

なので、富山が嫌で離れる人の気持ちがあんまり分からなくて、

どっちかというと、東京に行ってみて、その良さも不便さも、

"不便さの中にあるよさ"にも気付いたという部分があって。


だからこそ、外部から新しいものを持ち込み続けながら、

少しでも地元がもっと楽しくなったらいいなと個人的には思っています、はい。



ここから、さよさんにお渡しして、ギャラリートークのコーナー。

3人グループに分かれて、印象的なことを共有。参加者全員でのディスカッション。

想い想いの感想を出していく中で、共感や乗っかりが至るところで見られました。

質疑応答を挟んで、OST・参加者全員によるひとこと(みんな想い溢れてたw)

これからのアクションに繋がるアイディアが満載!

参加者の同士の熱いメッセージが新しいムーブメントの種になる予感!

それぞれの参加者がそれぞれの興味・得意を出し合って、

同じテーマに向けて作っていく場はエネルギーに満ちていました。

金谷は今回はライターとして、横や後ろからみんなの話を聞いたり書いたり、

ちゃちゃを入れたりと、

ある意味、客観的に見ることができました。

また、この場があったらそこに居たいと思えるあたたかく、熱く、それでいて心地よい空間でした。

運営の皆様、冒頭に書いた通り、言い出してからあっという間の時間、

僕は微力of微力でしたが、みんなと準備ができて幸せです。


またやろうねーーーーー!!


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

OST!!

■こんな分科会テーマ

①『外国人(観光客・労働者)富山活性化』

②『「社会」に関する気軽に話し合える場所を作って、富山を「政治参加」できる場所にしたい』

③『小中学生が働くを考えるを通して、子供も大人もアイデアを出し合う社会』

④『未病で健康な人があふれる富山にする』

⑤『大人が目標をもって本気の姿を子供が見てあこがれる場をとやまで!』

⑥『健康寿命の延伸について!笑顔溢れる富山!』

⑦『若者がまちを動かす富山』

⑧『ターゲット層(女性、若者、高齢者など)それぞれのコミュニティの場 情報交換から始める 笑顔で心穏やかな毎日を暮らせるように!』

⑨『感性の教育』

⑩『eスポーツ プロゲーマーの輩出・手助け』

⑪『リモートワークで東京の仕事を富山でさばく』

⑫『“あそび”人と人のつながりのある“富山”』

⑬『クラフトもの作り(イベント)で、世界中から富山に人が来る!』

⑭『子供たちの意見やアイデアを反映!子供たち活躍!』





ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー




<来てくれた方からこんな声が聞けたよ!>

■はるさん(東京都在住・20代)

普段、東京にいる時はぜんぜんアンテナも張ってなかったから、こんなに若い議員さんがいるなんて知らなかった!

今日のような熱量のある場で、若い人たちと前向きに地域の話ができるなんて本当に嬉しかったです!


■あやさん(高岡市在住・30代)

職場だけに居ては分からないこと(社会や地域でどんなことが起きてるのか)をぜんぜん知らなかったことを痛感!

子どもたちに社会や地域の勉強をしようよって言う時に、具体的な動きや想いが知れて本当に来てよかった、今日から伝えていきたい!


■ことさん(砺波市在住・20代)

今日みたいな場で自分から情報を取りにいかないとわからないことが多いのは事実。

でも、こうして聞くと興味を持つ人がやっぱりいることを改めて実感しました!

自分たちができそうなことややってみたいことがどんどん出てきています!

わくわくが止まりません〜!!

<運営チーム&ゲストの皆様!ありがとうございました!>

70回の閲覧